ページ内移動用のメニューです。


トップページの中の株主・投資家情報の中のコーポレートガバナンス基本方針

コーポレートガバナンス基本方針

基本的な考え方

(1)基本的な考え方

ニチイグループは、コーポレート・ガバナンスの強化を重要な経営課題の一つとして位置付け、ステークホルダーとの信頼構築や社会の進歩・発展への貢献、企業価値の永続的な成長を目指し、「透明且つ効率的な企業経営」、「経営意思決定の迅速化」、「コンプライアンス・リスクマネジメントを追求したコーポレート・ガバナンスの確立」に取り組んでおります。
また、コーポレート・ガバナンスに対する監督を通して、株主価値最大化を実現することが使命であると認識しております。

(2)コーポレート・ガバナンスに関する基本方針

ニチイグループは、以下の施策を実施しております。

  • 透明性のある経営を推し進めるべく、監査役制度を採用するとともに内部統制委員会を設置し、経営監視機能を強化しております。
  • 取締役会は、株式会社においては株主がガバナンスを有し、ステークホルダーとの公正・公平な取引を確立しつつ、中長期的な視点から株主の利益を追求することを確認しております。
  • 業務執行の意思決定スピードを高め、経営環境の変化に迅速に対応するため、執行役員を配置しております。
  • 株主価値を最大化するための業績指標として、自己資本当期純利益率最低8%以上で15%の達成を、目標数値として定めております。
  • 株主や投資家の皆様に対して四半期毎の決算や経営戦略の公表、開示を迅速に行い、企業経営の透明性の向上に努めております。

ガバナンス報告書