ニチイ

業績の歩み

1968年の創業以来、教育・医療関連・介護事業を柱に、社会環境やニーズの変化に即応した事業展開を行い、成長拡大を図ってきました。
2000年の介護保険制度施行後については、制度動向が当社業績に大きく影響することとなり、2011年以降は、社会保障制度動向に左右されない強靭な事業推進態勢の構築を図るべく、事業構成バランスの改良に注力し、語学事業・中国事業への参入<戦略投資の実行>を果たしました。
そして、社会の課題解決に向けた貢献と長期利益の安定成長を目指し、経営理念「社業の発展を通して豊かな人間生活の向上に貢献する」の実現に向けて、基幹事業(医療関連・介護・保育)、BS[Balance Supply]事業(教育・ヘルスケア・セラピー)、グローバル事業(中国をはじめとする海外展開)から成る戦略的トライアングルの形成により、戦略投資事業の早期収益化に向けて全社一丸となり、邁進しています。

2000年 介護保険制度施行 2000年 介護サービス拠点 全国展開 2002年 東京証券取引所 第1部上場 2003年 保育事業参入 2007年 コムスン社 介護事業承継〈居住系介護サービス本格開始〉 2011年 語学事業参入〈GABA子会社化〉 2012年 中国事業参入〈ニチイケアネット中国法人設立〉 2012年 大人向け語学スクール 「COCO塾」展開開始 2013年 子ども向け英語スクール 「COCO塾ジュニア」展開開始 未来志向の戦略投資により、事業環境の変化に左右されにくい強靭且つ収益性の高い事業ポートフォリオを構築

売上高

track-fig-02.jpg

営業利益

track-fig-03.jpg