ニチイ

横浜市立大学附属市民総合医療センター様の作成動画「【ダイジェスト版】COVID-19対応記録(2020.1-2021.3)」のご紹介

2021年7月9日
株式会社 ニチイ学館

今回は、当社の契約医療機関「横浜市立大学附属市民総合医療センター」様のコロナ禍における取り組みについて、ご紹介いたします。

横浜市立大学附属市民総合医療センター様では、「地域医療最後の砦」の病院として新型コロナウイルス感染症に対応されており、未曾有の事態において様々な不安や課題を抱えながらも、使命感を持って患者様や同僚を守るために奮闘している職員の記録を残すため、動画を作成されました。

当社はこのメッセージを通して、新型コロナウイルスの脅威に立ち向かい、地域医療を守る医療従事者や医療機関に携わる方々の思いや取り組みを1人でも多くの皆様にお伝えしたくご紹介させて頂きます。

※当社スタッフのコメントも紹介されております。(10:31~10:51)

医療現場で働く約44,000人の当社スタッフは、医師や看護師をはじめとする医療従事者の皆様や、医療機関に携わる方々とともに、地域の医療を支えるという強い使命感のもと、日々の業務に励んでおります。

当社のブランドスローガンである「やさしさを、私たちの強さにしたい。」を胸に、これからも医療を支える一員として、契約医療機関様とともに、この難局を乗り越えるべく力を尽くしてまいります。

本件に関するお問い合わせ

株式会社ニチイホールディングス 役員室 統合経営部 統合経営課

TEL:
03-3291-3954
FAX:
03-3291-6864

本ページに掲載されている情報は、作成日時点において入手可能な情報に基づくものであり、予告なしに変更されることがあります。また、業績等に関する将来見通しが含まれている場合があり、これらは様々なリスク及び不確定要因により、実際の結果と大きく異なる可能性があります。あらかじめ免責事項につき、ご了承ください。