SKIP

SCROLL DOWN

生きるということ。ちょっと外までお散歩すること。新しいレシピを覚えること。お洗濯物を干すこと。
お風呂に入ること。

楽しくおしゃべりをすること。たまにはケーキをいただくこと。

ぐっすり眠ること。眠れなくなること。大笑いすること。
涙が、こぼれそうになること。

ひとりなら普通の日常も、
ふたりなら、
ちょっぴり豊かになるのはなぜだろう。しんどくてさみしくてやるせない時も、
誰かといっしょなら、
そのうちなんとかなる気がするのは
なぜだろう。

暮らしの中に、笑顔の時を
添える介護の仕事は、
人の人生から、
不安な時、さみしい時を、
微力でも減らすことができる仕事です。

たとえ大切な人の顔が
思い出せなくなっても、
重たい病気になって、
からだが言うことをきかなくなっても。
決して、その人らしさが
なくなることはない。
人が幸福をあきらめることはない。

たいせつも、たいへんも、前向きも、うしろ向きも、
ぜんぶ抱きしめる。
介護の仕事が「まもっている」のは、人間の愛おしさなんだ、と思います。

日常のあり方が変わり、そのかけがえのない尊さに
人々があらためて気づいた今。
その日常を支える介護業界の人材は、
変わらず不足したままです。

介護の仕事にたずさわる人が
足りないということは、
地域を包む、やさしさが
不足しているということ。
社会を支える、やさしさが
足りないということ。

人が好き。
人によろこばれることが、
いちばんうれしい。
困っている人に、
声をかけずにはいられない。
そんなあなたにこそ、知ってほしい、
介護の仕事です。

SCROLL DOWN

あなたが元気に生きることが、
だれかの、生きる力になっていく。

CONCEPT MOVIE

私たちの日常を、
ぎゅっと詰め込んだ
コンセプトムービーです。

エントリー